那須烏山市社会福祉協議会ボランティアセンター
▶ トップページ    ▶ サイトマップ
文字サイズ


  • ボランティアQ&A




    Q1:ボランティア活動をしたいのですが、資格は必要ですか?

    A:いいえ、資格がなくてもボランティア活動はできます。自分の特技や趣味、技術を活かした活動もあります。まずは、自分の興味・関心のあることから始めてみましょう。ただし、活動内容によっては、体力、経験、技術を要する場合等もあり、活動できないこともあります。



    Q2:活動に年齢制限はありますか?

    A:ボランティア活動には特に年齢制限はありません。



    Q3:ボランティア活動はどこかグループに入らないとできませんか?

    A:ボランティア活動の形はさまざまです。(グループに入って仲間と一緒に楽しく…和気あいあい派、個人でのんびり…一人大好き派、自宅で気楽にやりたい…マイペース派)グループに入らなくても、活動先で仲間との出会いもあるので、自分の時間に合わせて個人で活動するのも良いでしょう。また、グループに入って活動することは、共に活動する仲間と助け合ったり、励ましあうこともできるなどの良さもあります。



    Q4:ボランティア活動したいけど、仕事や学校でなかなか時間がありません。

    A:ボランティア活動はイベントのような単発のものや、不定期なものもありますので、自分のペースに合わせて空いた時間を上手く利用して活動に参加してみてはいかがでしょうか。また、収集ボランティアなどのような自宅でできるボランティア活動もあります。



    Q5:ボランティア活動中にケガや事故が起こったらどうしたらいいですか?

    A:ボランティア活動は自分だけでなく、相手がある活動でもあります。そこで、「自分がケガをした」「他人にケガをさせてしまった」「他人の物を壊してしまった」…などの場合に備えて、ボランティア活動保険があります。もしもの事故に備え、安心して活動するためにも活動前には、必ずボランティア活動保険に加入しましょう。ボランティア活動保険は社会福祉協議会の窓口で加入できます。詳しくはボランティア活動保険のコーナーをご覧ください。




    Q1:朝、起きて風邪をひいていたら?

    A:風邪をひいているなど体調が良くない時は、無理せずに活動を休みましょう。休む際は必ず、活動先へ連絡しましょう。



    Q2:ボランティアグループをつくって活動していますが、活動の運営資金や必要な機材を購入するための財源がなく困っています。どうしたらいいですか?

    A:幅広いボランティア活動を展開し、継続した活動をしていくためには、活動資金が必要となってきます。ボランティア・NPOの活動を支援するために、社協では毎年、共同募金「地域福祉活動費」を助成しています。また、企業や民間助成財団では内容に応じて事業に対しての助成金事業や福祉車両の配備事業などをを実施していますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただし、事業を行うのにも必要なことですが、助成金を申請するためには目的をもって、きちんとした事業計画書などを立てることが必要です。助成金に関しては、助成金のコーナーをご覧ください。



    大きな地図で見る